ルーン文字~ユルの意味

ユル(エイワズ)yr(eihwaz)

【文字の意味】イチイの木
【英字】
【ユルのキーワード】自己変容、死と再生、治癒力、一つのサイクルの終わり、リセット

イチイは赤い実をつける常緑樹で、樹齢2000年以上にもなります。
いつも鬱蒼と葉を茂らせている外見や樹齢の長さから、キリスト教が広まる遥か昔より古代ヨーロッパではイチイが不老不死の象徴とされてきました(ケルトのドルイド僧による森林信仰が影響している)。
ヨーロッパでは教会や墓地にイチイの木が植えられていることが多いです。

イチイの幹と樹皮には毒があり、昔の人はこの毒を薬としても利用していました。
そこから治癒力という意味が出たのかもしれませんね。
また、しなやかで丈夫な材質は弓作りに最適で、北欧神話のウル(ウッル)という狩猟の神が持つ弓もイチイでできています。

ユルの「死と再生」の意味は、ヨーロッパでイチイの木が教会と墓地に植えられていることを考えれば、分かりやすいでしょう。
教会というのは死と再生の象徴に満ちた場所です。また、教会を現世と繋がっている場所だとしたら墓地は現世から離れた場所と言えるでしょう。
(墓地に植えられたのは、不老不死の象徴というだけでなく、ご遺体が毒性のガスを発するのをイチイの毒成分が防いでくれると信じられていたこともあります)

ユルが出た場合、まさにいま、終わりと始まりの境界線にいるということです。

ヤラが決まったサイクルの中で何らかの収穫を手にして次へ進むのに対し、ユルは終わりを告げられ、有無を言わさず次へ進まなくてはいけないようなところがあります。
自己変容を促される時なのです。

ユルが出ても次の動きまで時間がかかる場合もあります。
これは潜在意識レベルで「現状を変えたくない」と思っているためです。
しかし、どうしても変えないといけない時は外部から変化を促す出来事が起こり、結果的に何かを終わらせることになるでしょう。
変化することを拒否しても、次は別の形で変化を促す出来事が起こります。

ユルが出たら、こんなふうに問いかけてみてください。
  • 現在の状態が終わります。気持ちを切り替える準備はできていますか?
  • 新たな時間が始まります。過去の自分と決別することはできますか?
  • 人生の転換期です。心の準備はできていますか?
  • 新しい自分に生まれ変わるためには何をする必要があると思いますか?

手放したくないものに執着し続けている時間が長ければ長いほど、それを手放すことが苦痛になり、手放した時の心の痛みが大きくなります。
自己変容は自分が大きく成長するための過程で何度か訪れます。
脱皮するとか、さなぎから成虫へ変わるようなもの、と考えてみてはどうでしょうか。


イチイは漢字で書くと一位。日本でもご神木として崇められています。

0 件のコメント :

コメントを投稿