ルーン文字~ソーンの意味

ソーン(スリサズ)/thorn(thurisaz)

【文字の意味】トゲ、巨人、トール神のハンマー
【英字】Th
【ソーンのキーワード】障害、妨害、試練、警告、助言

thornという単語はトゲや障害という意味で、古くは巨人という単語に由来します。
また、この文字は巨人と戦ったトール神のハンマー(ミョルニル)とも言われています。

トール神はトールハンマーを武器に巨人と戦い、神々や人間を守りました。
ソーンが警告や助言を表しているのは、トールハンマーが巨人から守ってくれたことと無関係ではありません。
また、トゲのある植物は敵の侵入を防ぐため、門の周囲に植えられます。
門のあちら側とこちら側を隔てる境界線です。

障害を乗り越えることがいつも正しいとは限りません。
力量不足で乗り越えられない障害もあります。
あるいは、間違った方向へ進んだために立ちはだかる障害もあるでしょう。
境界線を無理に超えようとすれば、財産を失ってしまうとか、大切な人を失ってしまったり、身の危険が及ぶ場合さえあるかもしれません。

ソーンが出たら、こんなふうに問いかけてみてください。
  • その障害は本当に乗り越えるべき障害ですか?
  • 頑張ってもうまくいかない原因は何だと思いますか?
  • 無理やり進んだら、どんな状況が待ち受けていますか?
  • いま取り組んでいることに解決すべき問題はありませんか?

ソーンは、立ち止まることで危険を回避できることを表しています。
障害のように思えても、大局的には「一時停止」のサインかもしれません。
起きている問題の本質を見極め、改めるべきところは改めた上で進むことが大切。
そのための一時停止です。


あちらとこちらを隔てる超えてはいけない境界線

0 件のコメント :

コメントを投稿