ルーン文字~シゲルの意味


シゲル(ソウェイル)sigel(sowelu)

【文字の意味】太陽
【英字】S
【シゲルのキーワード】エネルギー、ポジティブ、成長、希望、実現、成功、勝利

長く暗い冬を過ごす北欧の人々にとって、太陽は分厚い氷をその強い熱で溶かし、植物に恵みの光を注ぐありがたい存在です。
しかし、北欧神話の世界では、太陽や月といった日月星辰は信仰の対象とはならず、あくまでも自然要素の一つとして捉えられているようです。
古代ヨーロッパには冬至の時期に太陽の復活を祝うユールという祭りがありましたが、供物を捧げる対象は太陽神ではなく、戦闘的なアース神族の主神オーディンです。

シゲルは太陽の強い光であり、火であり、熱であり、エネルギーそのものを表します。
シゲルの強いパワーは生きとし生けるもの全てを育み、生命エネルギーを活性化します。
ナチスの党シンボルマークであるハーゲンクロイツがシゲルを2つ組み合わせてできているという話は有名ですが、これはルーン文字を黒魔術的に使用した悪い例です。

シゲルが出た場合、まさに燦々と輝く太陽の光を浴びているような状態です。
ヤル気充分、自信に満ち溢れ、向かうところ敵なし、といったところでしょう。
シゲルの力を効果的に発揮するには、自分自身に集中することがまず大切。
シゲルはエネルギーそのものですから、そのエネルギーを自分自身の中にしっかり蓄えることで、自分の可能性を飛躍的に高めることができるのです。

想像がつくかと思いますが、シゲルが過剰になると、その有り余るエネルギーで自分以外の人を焼いてしまう危険性があるので、要注意です。
太陽の光は、光を浴びた生命体を成長させる役割を持ちます。
ですから、シゲルが過剰な人は「頑張ればできる!」と他の人を鼓舞してしまいがち。
心が傷ついて弱っている人にシゲルのエネルギーが向けられると、植物を枯らしてしまうようにその人を弱らせてしまいます。シゲルのエネルギーを使って誰かを元気づけるなら、水(=感情)という要素も必要。植物が光だけでなく水も必要とするのと同じです。

シゲルが出たら、こんなふうに問いかけてみてください。
  • エネルギーは充分です。目標は定まっていますか?
  • ポジティブな気持ちで物事に取り組めていますか?
  • 気を散らさず自分自身に集中できていますか?
  • チャンスを活かすことができていますか?

シゲルが出たからと言って、必ず成功が約束されるわけではありません。
シゲルのエネルギーを自分のものにできた人が成功するのです。


太陽のエネルギーを自分自身の中に取り込みましょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿