ルーン文字~ラドの意味

ラド(ライド)/rad(raido)

【文字の意味】車輪
【英字】R
【ラドのキーワード】旅行、移動、変化、回転、循環、運勢

ラドは車輪が回ると前へ進むように、今より先へ物事が進むことを表しています。
変化を表すルーンはいくつかあります、ラドが表す変化は、変化前/変化後が比較できる明確な変化です。
距離のように移動した度合いが分かります。
ただ、変化中は実感できない場合もあります。
脳科学者・茂木健一郎氏がTV番組で紹介している「アハ体験」。
写真や絵画の一部がゆっくり少しずつ変化するので、なかなか気づきません。
でも、変化前/変化後を比較すると変化したことがはっきり分かるのです。

ラドが出たら、自分を取り巻く状況がどんどん変わっていることに気づいてください。
それはまるで列車の窓から見える風景が変わっていくようなものです。
移りゆく車窓を楽しむのも旅行の醍醐味の一つ。
変化としっかり向き合い、楽しんでしまうのもひとつの手です。

ラドのエネルギーがネガティブに出ると、自分が望まない方向に変化する、変化の流れが滞る、それとは逆に急激に変化する(坂を転げ落ちるように)として表れることもあります。

しかし、ラドが意味する「変化」そのものに、良い・悪いはありません。
自分にとって変化がネガティブに思える場合は、間違った行先の列車に乗ったようなもの。
自分は何をしたいのか?どこへ行きたいのか?
いま一度自分の意志を確認してみましょう。

ラドが出たら、こんなふうに問いかけてみてください。
  • どのように状況が変化して欲しいと思いますか?
  • 変化の兆しを感じますか?
  • 変化はどのような形で表れていますか?
  • もし悪い方向に変化している場合、思い当たる原因はありますか?

車輪が回るきっかけは自分で作るのかもしれません。
誰かが車輪に手をかけて回すのかもしれません。
ふとしたはずみで勝手に回り始めてしまうのかもしれません。
いずれにせよ、ラドが出たら状況の変化に注意を凝らしてみてください。


その車輪を回すのは誰でしょうか……?

0 件のコメント :

コメントを投稿