ルーン文字~ペオースの意味

ペオース(パース)peorth(perth)

【文字の意味】秘密
【英字】P
【キーワード】偶然、運、ギャンブル、ゲーム、予測不可能なこと

ペオースはダイスカップ、つまりギャンブルで使うサイコロの入れ物と言われています。
結果がどうなるかは神のみぞ知る!?という運任せのルーンです。
「一か八か」「当たって砕けろ」というような状況にあると言えるでしょうか。
どちらも、成功するかどうか分からないけれど、運を天に任せてみるという意味です。

その他にもペオースを表していることわざがいくつかあります。
やるだけやったら「人事を尽くして天命を待つ」「果報は寝て待て」。
土壇場で迷ってしまった時は「賽は投げられた」。
どうなるか予測がつかない時は、「人間万事塞翁が馬」。

ペオースが出る時は大きな流れの渦中にいるような時です。
さまざまな要素や可能性が混沌としているので、シンクロニシティのように一見無意味に思える偶然が積み重なり、何かが起きるかもしれません。
どの選択肢が正しいとか間違いであるという概念すら、存在しないかもしれません。
それは複数の相手とゲームをしている状況に似ています。
他のプレーヤーがどんな判断をするかによって、自分が次にどのような判断をとればいいのか大きく変わります。

ペオースがネガティブに出る場合は、直感で選択していないか、あるいは邪念が入った選択をしているような時です。必要以上に自分を守ろうとしたり、慎重になり過ぎてしまうと、チャンスを逃してしまうどころかむしろ状況が悪化する場合もあるのです。
直感が正しく働けば、目まぐるしく状況が変化しても、そのたびに適切な判断を下して前に進むことができるでしょう。

ペオースが出たら、こんなふうに問いかけてみてください。
  • 運を天に任せて行動することができますか?
  • 理屈で考えるのではなく、直感で判断してみませんか?
  • 思うような結果が出なくても、次の手をうって行動できますか?またはその結果を受け入れることができますか?

思い切った行動がいつも良い結果を生むとは限りませんが、自分を妨げる要素が特にないような時は、思い切った行動が運を引き寄せてくれることもあります。



さあ、次はどんな目が出るのでしょう……。

0 件のコメント :

コメントを投稿