ルーン文字~イスの意味

イス(イサ)is(isa)

【文字の意味】氷
【英字】I
【イスのキーワード】停止、凍結

北欧では美しい水を湛えた湖や海も冬になると分厚い氷に覆われます。
人々は凍った水面の上を歩いたり、凍った湖面に穴を開けて魚釣りをするなど、その時期に合った過ごし方をします。
イスは氷に象徴されるような寒く長い冬の時期を表します。

イスが出た場合、状態が悪化するわけではなく、その状態のまま停止します。
停止そのものには良いも悪いもありません。
時期がやって来ればまた動き始めるので、いまはお休みの時期だと考えましょう。

しかし、稀にイスが「永久凍結」という意味で出ることがあります。
時間がそこで止まっているような時です。
いくら待っても氷は溶けません。
過去の出来事を理想化してそこから抜け出せないとか、プライドが捨てられない、あるいは現状逃避や変化への怖れから、フリーズしてしまっているのです。
自分自身の心が作り出した氷と言えるでしょう。

イスが出た場合、こんなふうに問いかけてみてください。
  • 今の状態があと何年も続くと思いますか?
  • 現状のまま1年以上続くとしたら、あなたはどんな行動をとりますか?
  • あなたの中に状況が進展しない理由、例えば強いこだわりはありませんか?

イスが長い冬を表しているなら、時期がくれば状態は改善されるでしょう、
イスが凍った心を表しているなら、氷を溶かす強い太陽の光は自分の内側から放たれます。
これは15番目のルーン「シゲル(ソウェイル)太陽」のエネルギーです。

【関連記事】



0 件のコメント :

コメントを投稿